header



メッセージ • Message
spacer
闇の中で
In the Darkness
ジョン・ヘンリー・ニューマン / John Henry Newman

「全てのものは、主のものです。私たちは、あなたの手から受けたものをあなたに捧げているのです。」  (歴代誌29:14)

もし、私たちが、季節の雨を受け、太陽が力に満ちて輝き、豊かな耕地に恵まれるとするなら、それらはあなたのものです。あなたから受けたものを、私たちは捧げているのです。

神が与え、神が取り去られます。もし私たちが神の手から、善いものを受けて来たのなら、どうして、私たちは、悪しきものを受ける筈はないと言えるでしょうか。神が、御自分のものをご自分の思いのままに為さることは、いけないことでしょうか。

神のものである太陽が、朝昇ったように夕べに沈むことは、いけないことでしょうか。もし太陽が、再び昇るのであれば、沈んではならないのでしょうか。もし、常に朝が来るのであれば、先ず、闇が来てはならないのでしょうか。

やがて次第に明るくなって行くのであれば、空は、その前に暗くなって行ってはならないのでしょうか。全てのことを為すことの出来る神が、暗闇の中に於いてさえ、一条の光を立ち上らせることは、出来ないことなのでしょうか。

「 主よ、夜、わたしはあなたの御名を思い、あなたのおきて律法を守ります。」

(詩編119:55)








Copyright 2015 The Personal Ordinariate of Our Lady of the Southern Cross Ordinariate Community of St. Augustine of Canterbury (Japanese speaking). All rights reserved.