header



メッセージ • Message
spacer
フランキーの物語
Frankie's Story
ラッセル・スタットラー
Russell Stutler

私は、クリスチャンの両親のもとに生まれました。毎週日曜日には教会へ出かけました。私の友達はというと、みんな教会の仲間でした。その中に、フランキー・モーティマーという2歳年上の男の子がいました。彼は、イエス・キリストを信じていました。フランキーは、嚢胞性線維症という難病にかかっていました。寝るのは、酸素が送り込まれるテントの中でした。医師は、フランキーの両親に、彼は長くは生きられず、死の間際は息が出来なくなって断末魔の苦しみが伴うだろう、と宣告していました。

ある日のことです。フランキーはとても興奮していました。突然お母さんに、「僕、イエス様を見たよ!!」と言ったのです。また、「僕のために、天使が天国に大きな家を建てていたよ!」と言うのです。聖書の中でイエスはこう言っています。「わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです。」 これは、イエス・キリストが十字架に架かる前に、弟子達に語られた言葉です。

お母さんは涙をこらえながら、どんな家なのかをフランキーに尋ねました。彼は非常に詳細に、家の様子を説明しました。彼の態度から、子どものでたらめな想像ではないことが分かりました。

お母さんは、「じゃあ、いつか家族みんなでその家に住むことができるのかしら」と尋ねました。「ううん、みんなそれぞれ自分の家に住むんだよ。でもいつだって訪ねたいときには、僕の家に来てもいいんだよ。」とフランキーは答えました。

それから数日の間、フランキーは天使が家を建てる様子を話し続けました。そしてある朝、彼は、家が完成したので、自分は行かなければならないと話しました。その後、静かに目を閉じて、まるで眠るようにすっと息を引き取ったのです。それは本当に奇跡でした。フランキーのお母さんは、この話を彼のお葬式のときにしました。フランキーが9歳、私が7歳のときでした。

フランキーの死のことを思うとき、私は、イエス・キリストや天国が現実のものであると疑うことができません。私は天国が実際にあるということ、そして、やがてイエス・キリストとお会いできることを知っています。先に旅立った私の父にも、私の友人フランキーにも、家を訪ねて会うことが、いつかできるのです。

さて、聖書の中である人が尋ねました。「救われるためには、何をしなければなりませんか。」・・・「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」これがその答えでした。

イエス・キリストの救いは、子供でも分かるほど簡単です。








Copyright 2015 The Personal Ordinariate of Our Lady of the Southern Cross Ordinariate Community of St. Augustine of Canterbury (Japanese speaking). All rights reserved.