header



メッセージ • Message
spacer

(Scroll down for English version)

教会を隔てている壁
黙想庵だより 2010年11月5日
ラファエル梶原史朗

世界の諸教会の間には、確かに互いを隔てている壁がある。
しかしこの壁は、果して天にまで、際限なく続いているのであろうか。

最初に、英国聖公会のAMオーチン司祭の小冊子に目を止めたい。

オーチン師は、キエフのプラトン府主教の言葉、すなわち「われわれを隔てる壁は決して天にまで達してはいない」を引用し、教会の一致は、偉大な聖人たちの生活において極めて著しいが、祈りの生活が真実に生きられているならば何処においても、聖霊の癒しの力によって現わされている、と述べている。

さらにロシアの府主教ユーロギーの言葉、「聖セラフィームやアッシジの聖フランシス、および他の聖人たちは、彼らの完徳を目指す生活のうちに、既に教会一致を成し遂げていた。彼らは、同じ聖なる公同の教会の民ではないのか? 彼らは、その霊的生活の水準において、我々を隔てている壁をすでに越えていたのである」という言葉を、感動的に引用している。

そして、19世紀に英国教会内に修道会を再び創出した創立者たちが、皆、深いところで、ユーロギーの理解したところに一致していたことに触れた後、更に具体的に、聖フランシスとシリアの聖イサクの言葉の中に、追認して行く。

聖イサクは次のように述べた。

或る時、或る人が長老に問うた。「同情の心とはどういうものか」

長老は言う。 「それは全被造物のため、人間のため、鳥のため、動物のため、悪霊たちのため、そして存在するすべてのもののために燃える心である。それらを見る度に彼の心を掴む激しい同情のため、彼の目には涙があふれる。その深い慈しみの心のゆえに、すべての被造物のどのような傷、わずかな苦しみにでも接する時は、彼の心はそれについて聞いたり、見たりすることを恐れ、それに耐えることができない。」 「そのために、彼は常に、祈りをささげる時に涙に溢れる。残忍な動物や、真理の敵、また彼に危害を加えようとする人々のためにさえ、彼らが神に守られ、神の慈悲を受けることができるようにと祈る。」

これは、わたしたちの良く知る聖フランシスの心と同じ心であろう。

私たちは、今、目をあげて、キリストの体なる教会の、大きなこと、広いこと、深いこと、豊かなことに心を向けて行きたいと思う。

地上に見えている隔ての壁に目を奪われると、壁の内側の、自らの教会の平安だけを求めることになろう。そこに汲々とするなら、教会は、地上の会社組織や団体と少しも変わらないものになってしまうであろう。

ここで目を大きく開くなら、諸教会を隔てるに至った壁の原因は、私たち人間の罪であったことに気付く。決して壁の片側の人たちだけの罪ではなく、両側の人たちの罪である。

しかし、神はこの罪の結果をも赦し、なおも用いてくださったのである。

私たちは、この壁を、あたかも無いかのようにではなく、その存在を罪のしるしとして深く受け入れ、さらに、それを越えた完徳の道を目指して、祈り、宣教する生活を続けて行くことが肝要であると思う。なおも望みを抱いてキリストにある真の可視的一致を願いつつである。


The Walls between Churches

Meditation Journal: November 5, 2010

Fr. Raphael Kajiwara

There are, without doubt, walls that separate the churches of the world. However, do these walls rise without limit to the heavens?

First, let us take a look at a tract written by Fr. A. M. Allchin of the Church of England.

Fr. Allchin quotes Metropolitan Platon of Kiev, who said, "The walls that separate us certainly do not extend all the way to heaven." Allchin writes that the unity of the Church is a truly remarkable thing in the lives of the great saints, but through the healing power of the Holy Spirit, that unity is evident wherever a life of prayer is truly lived.

Further, Allchin sympathizes with the words of Russian Metropolitan Eulogie as he quotes him, "The unity of the Church was something already accomplished by St. Seraphim, St. Francis of Assisi and other saints who lived their lives in the pursuit of perfect virtue. Were they not members of the same holy, catholic Church? Through the lofty standards of their spiritual lives, they overcame the walls that separate us."

The founders of a monastic order in nineteenth-century England spoke with a united voice as they all touched on their understanding of Eulogie. They went on to ratify that unity found in the words of St. Francis and St. Isaac of Syria.

St. Isaac wrote the following:

There once was a man who asked an elder, "What sort of thing is a heart of compassion?"

The elder answered in this way: "It is a heart that burns for the sake of all creatures -- for people, for birds, for animals, for evil spirits -- for all things. Out of the intense sympathy that lays hold of this man's heart, he sheds abundant tears every time he sets eyes on these creatures. Because of the deep love in his heart, he is afraid to hear of even the slightest suffering, or to look upon any sort of wound, for fear that he will not be able to bear it. That is why he sheds many tears whenever he prays. He prays even for brutal beasts, for enemies of the truth, and for those who would harm him, that God would protect them and that they would be able to receive His mercy."

This is the same sort of heart that we see in St. Francis, with whom we are all familiar.

It is my hope that we will now lift our eyes and turn our hearts toward the enormous size, the breadth, the depth and the abundance of Christ's body, the Church.

If our eyes are fixed on the visible walls that separate us, we will only seek after the peace of our own little inside the walls. If we tarry there, the church becomes something that hardly differs from a corporate structure or a social group.

But, if we will open our eyes wide, we will notice that it is the sin of us human beings that is the cause of the walls that separate the churches. Not just the sins of the people on one side of the wall, but the sins of the people on both sides.

However, God forgives those sins and makes use of their effects.

Let us not think that there is no such thing as these walls. Rather, it is vital that we accept their existence as the sign of the existence of sin, that we seek after the way of perfect virtue, and that we continue to lead lives of prayer and mission. Let us maintain our hope for true, visible unity in Christ.








Copyright 2015 The Personal Ordinariate of Our Lady of the Southern Cross Ordinariate Community of St. Augustine of Canterbury (Japanese speaking). All rights reserved.