banner
ホーム
Home
spacer 新着情報
What's New
spacer 今月のコラム
Monthly Column
spacer 霊のことば
Spiritual Words
spacer 連絡先
Contact
spacer リンク
Links

spacer
新着情報  > バックナンバー > 2010年12月16日
spacer

クリスマス(キリストの誕生を祝う祝日)に心を向けて

司祭ヨセフ・パウロ山岡功典(聖家族教会) 

 

12月8日は、「ジョン・レノンの日」であったそうです。 ジョン・レノンは、誰もがよく知る『ビートルズ』の、あのひとです。
1940年生まれで、今年で生誕70周年であり、1980年12月8日に射殺され(つまり命日)、30年(30回忌)の今年は、何度も彼の姿をテレビで目にしました。
彼の歌は世界中で知られ、歌われ、今もなお多くの人に慕われているようです。
私は、彼のことをその位しか承知していませんが、彼の歌や、思想、生き様には、人の心を寄せ付けるものがあるのだろうと思います。とにかく未だにすごい人気があります。

 

しかし、私は、もっとすごいスーパースターを知っております。
彼は、世界中で毎年、誕生日を祝われ、愛する者の身代わりとなって十字架にかかって死なれましたが、世界は、彼の命日を誰も知りません。墓はあるのに、中身は空っぽ。なぜなら死を打ち破り、よみがえられたからです。

 

それだけではなく、彼の名を呼び求める者には、色紙や、Tシャツに書いたサインやレコード、汗をふいたタオルやハンカチ、一緒に移った記念写真、・・・のような、誰もが手にすることのできない、マニアが泣いて喜ぶ芸能人のお宝グッズではなく、罪の赦しと救い、天国の永住権、神の子とされる特権、束縛からの解放、勝利、癒し、祝福・・・・・が、もれなくついてくるのです。
その名は、Jesus Christ(イエス・キリスト)
クリスマスは、テレビやコンサートで遠くから見ているだけの有名人ではなく、  インマヌエル(神は私たちと共におられるという意味)なる、いつも、いつまでも私たちと一緒にいてくださるスーパースター、イエス・キリストがモこの世に来られた日モなのです。


spacer

Copyright 2010 The Nippon Kirisuto Sei Ko Kai. All rights reserved.