banner
ホーム
Home
spacer 新着情報
What's New
spacer 今月のコラム
Monthly Column
spacer 霊のことば
Spiritual Words
spacer 連絡先
Contact
spacer リンク
Links

spacer
新着情報  > バックナンバー > 2011年5月31日
spacer

(Scroll down for English version)

東日本大震災に対する義援金への御礼

東日本大震災、世界最大級(M8.8)の地震と地震による大津波(最大39メートル=128フィート)の災害に対し、義援金を送ってくださってありがとうございます。幸い日本キリスト聖公会の聖職・信徒は、東京より南に住んでいるために直接的な被害はありませんでした。世界の皆様から祈りの内に覚えていただいていることを大変心強く思っております。他の手段を用いて日本に向けての義援金等を送っていただいた方に対しても合わせて御礼申し上げます。

日本キリスト聖公会を通じての義援金は、海外からの義援金28万3853円(4件)、国内の聖職・信徒からの義援金11万6147円、合わせて日本円で40万円(≒US$ 5000)になりました。4月15日、5月16日および5月19日の3回に分けて、日本赤十字社に送金いたしました。日本赤十字社は、市町村を通じて被災者の口座に義援金を振り込むことになっております。

2011年5月15日現在の被害状況(警察庁発表)は
死者 15057名、行方不明者 9121名
全壊家屋 90046棟 半壊家屋 36100棟となっています。
現在、家屋を失い避難している人が 11万5410名を数えます。
日本では、戦後最大規模の大災害となりました。

津波により電源喪失した福島第1原子力発電所の放射能漏れの問題が世界の皆様に引き続きご心配をおかけしていることを心苦しく思っております。放射能の汚染により農業、酪農、漁業に従事する人々は、海水、土地、作物の汚染により今後数年は住んでいた場所での仕事すらできない状態になっております。

聖職・信徒関係では、補佐主教の梶原主教の自宅が原発から約230キロ(143Miles)の距離にありますが、直接的な放射能の影響はありません。なお、成田国際空港は193キロ(119Miles)の距離にあり、ここでも特に問題はありません。

参考までに日本赤十字社への現在の義援金受付状況をご報告いたします。
5月12日(木)現在:218万7,290件 1,840億2,630万4,772円
単純計算で避難者一人あたり約150万円になります。

復活節第5主日
日本キリスト聖公会
会計担当 アブラハム 田中信彦

A Message of Thanks for Contributions after the Great Eastern Japan Earthquake

Please accept our gratitude for the contributions that you have sent us for the disaster relief effort.

The Great Eastern Japan Earthquake was among the worst seismic disasters in world history. The magnitude was 8.8 on the Richter scale, and the tallest of the resultant tidal waves was 39 meters high (128 ft.). The Traditional Anglican Church in Japan (Nippon Kirisuto Seikokai) is fortunate that, since all of our members live in Tokyo or further south and west, none of us became a victim of the disaster. We are heartened by the prayers of people around the world. We would also like to thank all of you who have sent contributions by other means.

The contributions sent to the Nippon Kirisuto Seikokai are as follows-- four contributions from overseas totaling 283,853 yen, and 116,147 yen in domestic contributions from our own clergy and people. Together, they come to 400,000 yen (approx. US$5,000). I sent the monies to the Japan Red Cross on these three days: April 15, May 16 and May 19. The Japan Red Cross will transfer those contributions to the accounts of the victims via their municipal governments.

Current disaster data, as of May 15, 2011 (announced by police) Dead: 15,057 Missing: 9,121 Houses destroyed: 90,046 Partially destroyed: 36,100 Refugees currently homeless: 115,410 This is the worst disaster in Japan since the Second World War.

We regret the concern caused to everyone around the world by the No. 1 Fukushima Nuclear Power Plant, which lost electrical power after the tsunami. Current conditions are such that the people engaged in agriculture, dairy farming and fishing will not even be able to work for the next few years in the places where they used to live, due to the radiation pollution caused to the ocean, land and crops.

Regarding our own clergy and people, Suffragan Bishop Kajiwara lives 230 kilometers (143 miles) away, so he is not subject to direct irradiation. Narita International Airport 193 kilometers (119 miles) away. There is no particular problem there, either.

For your reference, here is a current report of contributions made to the Japan Red Cross as of Thursday, May 12:

2,187,290 contributions made, for a total of 184,026,304,772 yen.
A simple calculation puts that at 1,500,000 yen per refugee.

The Fifth Sunday in Easter
Nippon Kirisuto Seikokai
Abraham N. Tanaka, Treasurer
(Translated by Fr. Lawrence B. Wheeler)

Copyright 2011 The Nippon Kirisuto Sei Ko Kai. All rights reserved.