header



消息 • News
spacer


    

教区長エントウィッスル師父の手紙
A Letter from our ordinary Entwistle


親愛なるファザー・ラファエル様

わたしは、堅信式によってイマヌエル古川とドロシ?古川が属人区に受け入れられたということをとても喜んでおります。また、あなたとアブラハム田中が、私の代わりにその為に訪問してくれたことを感謝しています。

イマヌエルは英語が読めますか。もし読めたら、私は彼と奥さんに、属人区への歓迎の手紙を書こうと思います。

もし読めないなら、わたしが、彼らがカトリックの満ち満ちた姿の中へ入ることを選んでくれたことを如何に幸せに思っているかを彼らに伝えてください。

イマヌエルが属人区の中で司祭按手されなくても、過去における彼の司祭としての職務が神にとっての栄光であり、また一たび司祭とされた者はたとえその職務を今果たすことが可能ではないとしても、今もいつも一人の司祭であります。

あなたとその共同体に豊かな祝福がありますように。

教区長モンシニョール・ハリー

Dear Fr Raphael,

I am delighted that Immanuel and Dorothy Furukawa have been received into the Ordinariate andハI thank you and Abraham for attending to this on my behalf.

Is Immanuel able to read English? If so I will write him and his wife a letter of welcome. If not, could you please let them know how happy I am for them that they have chosen to come into Catholic fulness and though he is not ordained in the Ordinariate, his priestly ministry in the past was a glory to God, and once a priest always a priest, even if we are not able to exercise that ministry.

With every blessing to you and your community.

Msgr Harry

2015/4/21





Copyright 2015 The Personal Ordinariate of Our Lady of the Southern Cross Ordinariate Community of St. Augustine of Canterbury (Japanese speaking). All rights reserved.